MENU

借金返済という苦難から打ち勝つ賢いコツ

毎月黙々と返済していても、断じて縮小しない借金・・・そんな事態になっているあなたを助ける方法として賢い借金返済に役立つコツをアドバイスします。

賢い、借金返済、方法

借金返済の賢い方法〜借金が少ない時

借り入れの総合額が数十万円のわずかな金額の負債を背負い込む時、月々返済する額もそれほど大きくはないはずです。
だとすれば毎月の支払いが難しい事にはならないでしょうが、借金と言えば返済する期間が長ければ長いほど利息額が増大し続けます。

 

という訳で、少しのお金を貯める事ができた時やボーナスという臨時収入があったときこそ、借金の繰上げ返済をするのが賢い方法です。一番になるべく早めに借金返済してしまえばそれにより利息額は減っていきます。

 

ことさら消費者金融でのATMを利用して払っている手数料が有料の場合、頻繁な返済ではなく、一つにまとめて返済した方が賢い方法です。一回の手数料は100〜200円程度ですが、何度も返済していたら、思いのほか、軽んじる事ができないので確実にまとめて返済するのが賢い方法でしょう。

 

借金返済の賢い方法〜借金が多すぎる時

大量にある負債をかかえている場合は、まずはじめに自分の収入で借金を返済できるだけの能力があるのか把握していく事は不可欠です。
自分の収入で借金返済をする力があれば、少額である負債と同じように出来る限り繰上げ返済をするようにして、ちょっとでも早く借金返済の努力をするのが賢い方法です。

 

借金返済の賢い方法〜借金が多すぎて借金返済が困難になった場合

いろんな金融機関に借金をしてしまい合計の金額が計り知れない金額になり返済する事が困難になってしまった場合、借金をひとつにしてしまう方法もあります。
借金を1本にして唯一の金融機関からお金を借りることは、多方面にわたりメリットを生み出す方法です。
最近、借金返済の賢い方法の一つとしておまとめローンなどの話をよく聞きますよね。

 

たくさんの金融機関から借りていると、金利や返済期日などがすべて別になり借金返済計画案を作成するのが難題ですが、借金をひとつしたら完済日が確定されてわかりやすくなります。

 

また、ばらばらな借金返済日も月に一度になるので、借金返済を管理する事が容易になります。
借金返済を統一する方法により低金利になり返済総額も大きく削減する事ができるので賢い方法といえます。

 

借金返済の賢い方法〜法律に精通している方に意見を伺う

先ほど述べた借金返済の一本化事体、その人次第で借金返済するありさまにより審査が通らないことがあります。
そんな事体の時には法的有効性を味方につけて返済していくのがおススメの賢い方法です。
弁護士などの法律の理解がある人に教示をうけて任意整理という手順をとりましょう。

 

任意整理は、弁護士が債務者のエージェントとなって債権者と打ち合わせをして無利息にしたり返済計画を見直すように要求することです。その時の状況により、約3年ほどで返済していく形になります。

 

その他にも、裁判所を通じて話し合いをする特定調停という方法もあります。
裁判所において債権者と債務者、弁護士が討議をして減額や利息のカットを決定します。
原則、無利息で3〜5年で返済していくことになります。

 

いずれの方法にせよ、最初に、借金返済に詳しい弁護士などのプロに教えてもらいましょう。

 

 

 

借金返済 賢い知識をつけましょう

当ウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。
このサイトに興味を持たれたという事は、おそらくあなたは借金返済について深く悩んでいるのでしょう。
金融会社からのかなり厳しい催促が何度もあり、ついに裁判所から督促の通知がきてしまい、大きな動揺を感じているかもしれませんね。
借金返済の賢い方法がないものかとお考えの方も多いでしょう。

賢い、借金返済、方法

借入をした時には、それほど難しくなく返済できると思っていた借金が、状況が変わり、病気や失業などの理由で返せなくなった・・
引き落とし日が近づいているのに、入金できそうにない・・
家族や勤務先に知られることなく、どうにか借金を返していきたい・・
人によっては、亡くなった親族が残した債務を相続してしまったり、保証人となり他の人の借金を背負う羽目になり、返済する事になってほとほと困っている人もいらっしゃるでしょう。

 

生活費、株・FXなどの投資、事業資金のために必要な費用、冠婚葬祭費用、ギャンブル、女性・男性との交際に必要な費用、浪費・・・借金返済に悩む理由は、人それぞれでしょう。

 

もちろん契約したように借金返済するのが最も良い賢い借金返済方法だというのは明らかなことです。

 

ですが、借金返済できず日常の生活にも苦労している人の為に、この国ではきちんと救済する制度が取り決められていることは知っているでしょうか?

 

要するに法的手段と呼ばれる方法です。
法的手続きをすると聞くと身構える人も多いのですが、必要以上に心配することはありません。

 

賢い、借金返済、方法

実を言うと、法的な手段を始めた人に直接交渉をして請求することは禁じられているため、金融会社から毎日のようにきていた催促が全く来なくなるということが分かって、もっと早く始めていれば気持ちが楽になったのにと思う人が大半と言えます。
親族とか友人に知られないで借金の問題を解決したいなら、早急に金融会社からの催促を何としてもやめさせることです!

 

債務問題を解決する4つの方法借金返済の問題を解消するために個人としてできる適正な法的手続きには、
「自己破産」「任意整理」「特定調停」「個人再生」の4種類のやり方があります。
この4種類の方法で法的手段を取ることを全部まとめて「債務整理」と呼んでいます。

 

それぞれどんな借金返済問題解決のやり方なのかについて、下で概要を説明しています。
実際にはどの方法を取ることがベストなのかは、弁護士に何度も相談をしたあとに決める事になると思いますので、初めはポイントとなる部分だけでもわかっていれば十分でしょう。

 

借金返済の賢い知識〜自己破産

借金を返済する事がまずもってできないと思われる時に行うのが、自己破産というものです。
破産などと聞くと、印象がかなり悪いかもしれません。
ですが、全ての借金をなんとか帳消しにできる最終的な方法です。
他に解決の方法が何もない場合は、自己破産という決断をするしかないでしょう。
以下は、自己破産の特徴です。
免責されると借金が全て帳消しになる不動産や金融資産などの一定額以上の財産を処分する必要がある
手続き中は、会社役員になれない等の資格制限がある

 

借金返済の賢い知識〜任意整理

資産の所有がない時は、手続き期間が短い(同時廃止)地方裁判所で破産手続きがおこなわれる任意整理

双方の話し合いで返済する金額を減らす事で、借金返済を可能にするという方法が任意整理です。
任意整理は、全ての債権者(借入先)1社1社と債務について話し合いをしていくことが必要とされるので、大変煩雑な方法となります。
以下は、任意整理の特徴です。
返済額だけではなく、借金元本を減らす事が出来る場合がある
長期間に渡って高利の借入を行っていた場合、すでに払った金利が過払金として返金される場合がある
今後払う借金の利息はカットされる場合がある

 

借金返済の賢い知識〜特定調停

債権者と新しい返済計画に基づいた和解契約書を締結する特定調停

特定調停とは、特定債務者(金銭的債務を負っている者)に関する調停という意味です。
特定調停は簡易裁判所に申し立てをおこない、調停委員が仲介役となって、債務者の経済的再建を支援するための制度です。
下記は、特定調停の特徴といえる点です。
調停なので貸主・借主双方の合意が基本的に必要借入金の元金が減額されることがある

 

借金返済の賢い知識〜個人再生

別途手続きしないと過払い金の返還請求はできない個人再生

銀行などの金融機関に住宅ローンがまだある状態で、生活していくための自宅は手放さないで返済したい時に個人再生という手段が取られます。
自己破産にすると所有している物件を、競売や任意売却するなどして必ず処分することになるため、救済措置としてできた民事再生法という法律の中の民事再生手続のうちで個人を対象としているもので、それほど知られていない最近のやり方です。
個人再生の申し立には法律の知識が求められるので、弁護士などに再生計画を作成して貰う必要があります。下記に、個人再生の特色となる点を挙げます。
住宅ローンが残っている者が対象自宅を維持しながら手続が可能安定した収入が将来に渡って得られる見込みがあることが必要
債務の大幅な減額と長期分割払いが期待できる

 

 

 

弁護士に相談する賢い方法

弁護士に借金返済の賢い方法を聞くのはみっともない?

弁護士に借金返済の方法について相談するのは恥ずかしい事ではありません

 

賢い、借金返済、方法

当ウェブサイトで紹介したどんな借金返済についての法的な手続き方法も、じつの所、行うには高度な専門知識が必ず必要です。
独学で勉強して知識を得る事もあり得なくはないですが、難しい法律用語や法的手続きの実務を完璧にするのは簡単な事ではありませんし、毎月やってくる借金の返済もあります。
現実的な方法としては弁護士の先生に頼むのが賢い方法でしょう。
自己破産や個人再生などについては、特定調停は裁判所での手続きという処理が重要になりますし、任意整理の際は、借入をした自分自身からの申し出は、大抵の金融会社が対応不可の為です。
貸し付けている先からの、返済金額の減少や利子の減免に一つ一つ全て対応していたら、金融機関の運営が事業として成り立ちませんので、当たり前のことです。
とりわけキャッシングやカードローンなどの小口で担保のない貸し付けの場合、このような傾向が多くなっています。

借金返済の手続き方法を弁護士に頼むとどうなるのでしょうか?

弁護士に頼むと、債権者(お金を借りた先)に「受任通知」という書状が家に届きます。このお知らせが届くと借りた会社からの借金返済の催促が一度に終わるため、周囲の人に気ずかれたくない場合は、ともあれ弁護士に相談することです。
お知らせが届くまでいられないという場合は、弁護士に要請して、債権者に電話で伝えていただけます。すごく手っ取り早く督促の電話が終わるので、拍子抜けするくらいです。
弁護士に依頼するとなると、不名誉だと思ったり、コストを心配する方が沢山いるようです。
ですが、もとより、弁護士は依頼に応ずることが仕事ですので、事務所にとって大事なクライアントとなるため後ろめたいく思う必要はありません。
今日は弁護士が増えてきたせいか、コストも安くなってきてますし、分割する方法もできます。
借金返済ができず苦しんでる人が手持ちのお金がないことは弁護士側もわかっているので、やたらな心配は不必要です。

 

つらい時に手を差し伸べてくれたので何かしらの方法で返したい・・
困っている時にお金を用意してくれた金融業者や担当の人に合わせる顔がない・・
何とかして借金返済を守りたいという感じの人もいます。
その考えはとても見事なことだと思いますし、可能な方法があればそうすべきです。
もっとも今後の返済の予定がまるっきり立たず、「借金返済について考えるのはもうやだ!」と感じているなら、可能な限り早く弁護士に相談して法的処置を取るべきですし、その方が回収担当者も助かるでしょう。
金融会社の係りの者は、一人当たり膨大な口座を抱えていますので、延滞先との「借金返済してください」「できません」の平行線にうんざりし、へとへとになっています。お勤めとして関与している以上、借金の返済を催促しなければならないのですが、弁護士に依頼されると「介入案件」となり、毎日の支払い請求電話から、解放されるのです。

 

 

借金返済シミュレーションの賢い使用方法

催促されるサイドは理解不能だと思いますが、催促している側も辛いのです。
場合によっては、お金を入れられない相手に対し、ある意味賢い方法として弁護士に頼みこむ方法を持ちかける担当者もいます。
ファイナンス会社側も、回収業務にも費用が必要なうえ、長い間遅れてしまえば、結局「貸し倒れ引当金」を計上する必要がありますので、借りた金の返済計画の目処が現実に立たないのなら、いち早く償却してしまいたいのが本音なのです。(株主の手前、公には言えませんが・・)

 

賢い借金返済方法・・まずはシミュレーターから

借金返済方法についての問題の清算には、無料の相談から!借金返済の賢い方法は弁護士に相談!
と言っても、突然弁護士事務所に電話するのは、根性ないですよね。
だから当サイトでは、まず「借金解決診断シミュレーター」の利用を賢い方法として呼びかけています。

 

街角法律相談所 

 

 

借金解決診断シミュレーターは、5つの質問に応じるだけで、債務の減額のやり方や月々の返済の金額がどの程度になるのか、問い合わせることが出来ます。
かつ日本全国OK、土日祝日OK、24時間受付OKです。
名前、住所もいらないので、匿名かつ無料で利用できるので、まず初めにテストすると良いでしょう。
借りた金の清算できる可能な結果がみえた時だけ、本当に弁護士に依頼するのが賢い利用方法と思われます。(おすすめの弁護士事務所はこちら)

 

賢い、借金返済、方法

ただただ借金返済について悩んでいるだけでは、借金は増える一方です。
もしも借金返済で苦悩しているのなら、無理なく支払いできる額まで、金額を減少する方法が大切です。
もし借金の返済で悩んでいるなら、一人だけで苦悩するのは、賢い方法とは言えません、これからやめましょう!
家族などに迷惑を掛ける前に、まず無料シミュレーターで問題解決可能なのか確かめてみましょう
ただ借金返済に悩んでいてもライフスタイルを立て直す事は無理でしょうし、確固たる決意を持てば和やかな日々を取り返せます。

 

街角法律相談所 

 

 

賢い借金返済方法・・弁護士選び

借金して返済する時の問題を解決するには、その道のスペシャリストの弁護士の先生に依頼をお願いするのは、一番ですが、弁護士なら誰でも可能なわけではありません
弁護士の先生にも任せられる分野というものがあって、借金返済のトラブルがおてのものという弁護士もいれば、離婚トラブルが得意な弁護士もいます。
借金返済問題では、法律的な事を知っているだけではなく、借りたお金の利息の計算などの知識も必要となるため、そうしたことが嫌いな弁護士に出会うと、ファイナンス業者との話し合いを有利にすすめる事ができません。
なおいっそうに重大なのは、弁護士にも色々な考え方があって、消費者サイドではなくファイナンス会社よりの主張をする弁護士もいることです。
金融会社のコンサルタントなどをしていて、お金を借りた人にきつい弁護士に出くわすと本当に困り果てます。
消費者側に立ち、貸金会社から有利な条件を引き出せる弁護士を選ぶ事が賢い方法で、借りたお金の返済金額の減額したり、利息のカットなどの条件が完璧異なりますので、弁護士選びは重要です。
と言われても、本来法律という業界に詳しくなければどの弁護士が適正なのか等等見分けられませんよね。
ここでは借金返済方法に力のある消費者が有利になる法律事務所をご覧いただけます。借金返済の問題解決の基準として下さいね。